SponsoredLink

ダイエット食品ナビ

サウナダイエットで痩せる体作りを

サウナダイエットはサウナに入って汗をかいて体の新陳代謝を高める方法です。


サウナダイエットの方法もサウナに入浴するだけです。
サウナに入る時間はだいたい10分程度です。サウナに入って汗をかいて、そのあとサウナ施設の外に出て水を浴びたり外の温度で少し体を冷やします。休憩する時間はおよそ10分程度です。それを何回か繰り返し行うことによってより効果的になります。


ただし、このサウナダイエットの入浴する時間や繰り返す回数はあくまで一般的に言われる数字なので、慣れない人は時間を短くしたり、繰り返す回数を減らしたりと、自分で調節するようにしましょう。サウナは温度の高いところでは100℃近くになります。


ですので、本当に自分の体に負担がかからないように気をつけましょう。特にサウナに慣れていない人などはどのくらいの時間サウナに入ったらいいのかなどわからないし、初めてサウナに入る人などは体が緊張していて普段よりも体の限界は短くなると思いますので、思っている時間よりも入浴時間を減らしましょう。


それとサウナに入った後は、大量の汗をかくので、入浴後は水をたっぷりとることも忘れずに。


続きを読む

岩盤浴ダイエット

岩盤浴ダイエットはその名のとおり、ダイエット方法は岩盤浴をするだけです。


岩盤浴とは、40〜50℃に温められた天然石や岩石を加工したベッド上でそれにタオルなどをかぶせてその上に寝転んで汗を流す入浴方法です。岩盤浴は「お湯のいらないお風呂」と言われ、サウナ風呂の一種になるそうです。


サウナによく似ていますが、サウナと岩盤浴との違いは施設内の温度です。サウナはだいたい室内の温度が80〜100℃とかなり高温なので、苦手な人は長い時間入ることが出来ません。その点岩盤浴は40〜50℃と低温なので、長時間入浴することが出来、最近巷で言われるデトックスなどの効果を得ることが出来て女性を中心に人気があります。


最近ではここ2〜3年の間に一般の入浴施設にも導入されることが多くなり、岩盤浴専門店なども結構増えているので、あなたの街にもあるかもしれません。岩盤浴自体が結構身近なものなったことにより岩盤浴をする人も増えているそうです。


岩盤浴をして体を温めることによって体内の代謝が活発になって、脂肪を燃焼する効果を得ることが出来ます。

続きを読む

お風呂でマッサージしてダイエット

お風呂マッサージダイエットはお風呂の中で気になる部分をマッサージするダイエットです。


お風呂マッサージによって体の気になる部分の血液の流れを促すことによって、汗を出す作用を働かせることが出来ます。
よく汗をかくということはその分体内の老廃物をより体外へ放出してダイエットだけでなく健康にもいいダイエットです。


お風呂マッサージダイエットの方法は

>>>
手順
1)あら塩500g、卵白1個、ベビーオイル少々、はちみつ大さじ2をまぜあわせて、お風呂でマッサージ。
2)手足から心臓にむかって円を描くようにこする。
3)最後はシャワーで洗い流す。
これを3日に1度行います。

<<<@niftyダイエットより引用


お風呂マッサージダイエットは効果もさることながら、お風呂があればどこでも出来るというのがいいですね。
自宅のお風呂でも気軽にお風呂マッサージダイエットをすることが出来るので、暇を見つけて出来ますね。

続きを読む

温泉に入ってダイエット!

温泉ダイエットは温泉に入るダイエット方法です。
温泉の湯は自宅などの普通のお風呂と違って、体の脂肪燃焼率が高いといわれています。体内の水分と一緒に脂肪も燃焼できるので、ゆっくりと入浴すればより効果が期待できるでしょう。


温泉ダイエットの場合の入浴方法は温泉につかるだけです。
ただ、温泉ダイエットも半身浴ダイエットと同じようにのぼせないように下半身のみ30分ほど入浴するのがいいでしょう。やはり温泉ダイエットで何が一番大事かというと、長時間温泉に入浴することです。
しかし、温泉は温度調整が出来ないし、一般的に温泉の温度は家のお風呂よりも高いと言われていますので、無理して長時間入るのはやめましょう。それと温泉ダイエットの途中で、水分補給をしてください。

続きを読む

半身浴ダイエットでリラックス

半身浴ダイエットとはゆっくりと長時間お風呂に入ることによって汗を出して体の老廃物を出すダイエット方法です。
特に下半身のお肉やでっぱりが気になる方にはより効果的かなと思います。


半身浴ダイエットの方法は半身浴を行うだけです。
半身浴の正しい入り方は、下半身だけ湯船につかり、上半身を出さないといけません。あと両腕はお湯から外に出しましょう。


半身浴をする時のお湯の温度は体温より少し高めの37〜38度くらいにして30分ほどゆっくりと入浴します。
なぜ半身浴で上半身を外に出すかと言うと、上半身(特に胸から上)を外に出すことによって心臓や肺の心配機能に負担をかけないようにするためです。


昔、子供の頃に親から「肩まで入って100数えなさい。」などよく言われましたが、肩までお湯につかるとどうしても体温よりお湯の温度が高いので心拍が上がったり、呼吸がしにくくなったりします。俗にのぼせると言います。


最近になってそれが一般的にいわれるようになり、半身浴をしている人が増えています。


続きを読む